ひとすじになれない

ここかと思えばまたまたあちら アイドル寄りになって帰ってきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Under the sun in 神奈川県民ホール

オサムい中、行ってきました(笑)
↑これ、ホントは昨日のタイトルにするはずだったのに。


三郷同様2階席だったのですが、左側の前に出てる部分で、
しかも前回より低かったのですごく近く感じました。
ちょっと押して開演。


1.雨上がり
イントロが鳴り、幕に亮太くん&啓介さんのシルエットが!
今回は横から見てたので、前回のがキレイに見えたかな。
そして幕が・・・ふーーーじーーーまーーーきーーー!(壊)
白いTシャツの上に黒ジャケ、まではいいんですけど。


何か、赤いモンを巻いている。


え!?三郷それしてなかったよね!?
たぶん年末のMステSPで巻いていたやつと思われ。
何なんでしょう、巻き巻き系バンドとして売っていきたいのか?
オサは相変わらずのオレンジのズボン(笑)
そしてけーすけさん・・・銀髪!!((;゚Д゚))
キ○ガワだよ、太めのキ○ガワ!!(爆)
あれ・・・?亮太さん、そんなギター持ってましたっけ?
なんてゆーの?ひし形みたいな変形ギター。
色は粉雪で使ってる銀のヤツと似たような色です。


2.ドッグイヤー
この曲のノリがよく分からない(笑)
サビでグーをくるくるしてるんですけど、え?みたいな。
こういうバンドのノリに慣れてない証拠ですね。
可愛いです。藤巻が。それは全曲のことなので以下省略。
最後の大サビに入る前、ちょっとタメの部分で
オサがくるっとスティックを回してから叩いててきゅんvとなりました。
・・・ぐらいしか覚えてないって言う(笑)


3.コスモス
皆川さんのグロッケンで始まるんですけども。
去年J-WAVEで見たときから何かツボなんです、ここが。
(しかも当時は皆川さんを外人と思っていた)
全然素敵な光景なのに、背中丸めて叩いてる姿がウケる(失礼)
しかも亮太を見てるとその後ろにいるんだもん。。
この曲っていつもけっこうさらっと聴いてるんですけど
歌詞をちゃんと聴くと、藤巻亮太の言葉の使い方好きだなって思う。
で、またこの光景を思い浮かべると愛しくてしょうがないっていう。
そしてこの曲のアレンジ?が好きです。
「1日はもう終わり~」って下がったり、
「月にうさぎぃ~」って上がったり。ライブ来た感がするので(笑)



この辺だったと思うのですが、亮太が上着を脱いだ。
白の無地のTシャツ。はいいんですけど、


頑なに赤いの巻いてる・・・・!!!


ハッキリ言う。だせーから取れ!!!(爆)
相方と笑いが止まらなくなる。もぉーばかばか。
たぶんこの辺で「こんばんわー」的なMCが入ったんだと思います。


り「ツアーファイナル!」
お「通常版は最後だからねー」



と言ってくれたのが嬉しかったですね、何か。
初日とファイナル行ったぜ!みたいな。



4.春夏秋冬
この曲最近飛ばしがちだったんですけど(汗)
やっぱ改めて聴くと、ものすごく好きです。
初めは赤いの巻いてるのが気になってしょうがなかったんですけど
途中から「恋」モードになってしまいました。
あの格好も全て素敵に見えてくるから恋って恐ろしいね(爆)
たぶんこの前ぐらいから使ってたとは思うんですけど、
藤巻さんがまた謎のギターを使ってて。
それが赤のふっっっっつーーーーのギターでさ。
中学生が初めて買いました、みたいな(笑)
ちょっと!あたしの好きなあの深い赤のギターどーしたのよ!!
とか言う文句も忘れるほどに恋をしてしまいました。


5.永遠と一瞬
CD聴いてるときよりちゃんと聴いて、泣く。
この人達のライブ行くといつもそうです。
こんな音が出てたんだーっていう発見もあるし、
今まで意識してなかった詞が急に胸を突いたりも。
今回この曲が一番予想外に胸を突かれました。


6.深呼吸
バックに星空っぽい照明が出て、うわー来た来た、泣く!
と思ってたら一発目に出た音が…あれ?こんな低かった?
藤巻・・・間違えたのか?なぁ、間違えたのか?(爆)
この人こんなことをちょいちょいやらかすようです。
この曲はホント、魂が浄化される気がします。
身体がふわっと軽くなって、宇宙に浮かんでいきそうな気持ちになる。
CDを聴いていても、ライブで聴いていても、そうなります。
一生歌って欲しいです、この曲。


7.午後の低気圧
かっこいい・・・キ○ガワ、じゃなくて(笑)啓介さん!!
さすが自分の作った曲ですね。(共作だが)
そして途端に客のリアクション薄くなりましたけど!
ノリがわからないのか、はたまた知らないのか。
まぁあたしと相方も三郷で「何だっけ?息継ぎ?」って言ったけど(笑)


8.ビールとプリン
ずるい・・・ずるいよふじまき。。。
声が優しすぎる。歌い出しで崩れ落ちました。
完全に歌上手くなってるよ、彼。
全部の曲で感じたことだけど。
それぞれに合った上手い歌い方が出来てて、くそぅって思った(笑)
そしてやっぱりラブソングでは他の2人を見てないですね、私(痛)


9.海のバラッド
ずるい・・・ずるいよふじまき。。。第2弾。
ずっと抱きしめられることばかり考えてました(死ね)
神奈川は海があるのでより気持ちが入ったと言ってました。
嗚呼そしてまた2人の記憶がない。
とりあえずじんぐーじさんのことは相方が・・・(笑)



ここで長いMCが入るのですが、もーね、ヒドイ!(爆)
客ドン引きですよ。亮太くんとオサも呆れるほどに啓介さん暴走。
・・・追記に書きますね。18歳以上の方のみ閲覧してください(笑)



10.蒼の世界
MCが酷すぎて笑いが残るまま、あのイントロが始まってしまい、
亮太も「蒼の世界とか言ってる場合じゃねーな」と思ってたそうです(笑)
ちょっとアレンジ変わってた?みたいです。
もう一度どこか知らない世界…のとこで、
三郷同様マイクから離れたので歌わせるんだと思ったら、
その後もう1回藤巻氏歌ってて、あれ?みたいな(笑)
すげー好きだけど、MCのせいでかっこよさ半減(爆)


11.五月雨
これはライティングがものすごい!!!
子供が見たら具合悪くなるんじゃないかって感じの光(笑)
すごい勢いでフラッシュが点滅する中で
ギターをかき鳴らすロックな亮太さんが激的にかっこよかったです。


12.春景色
ピンスポ当たってイントロ弾く啓介さん、かっこよすぎ!!!
そして五月雨~次のモラトリアムは亮太さん音が走る走る。
この曲は特に大丈夫かと思うほどテンポアップ(笑)
本人のストロークの速さにもびっくりするんだけど、
そのスピードについていく2人にも感動すら覚えます。
この曲のオサはものすごいかっこいいですね。
サビの途中でガンとドラムが入ってくるところとか、しびれる。
やっぱこういうロックなレミオロメン大好きです。
バラードもポップなのも大好きなんだけどさ。


13.モラトリアム
オサのドラムで「うわー来るよ来るよ」ってドキドキして、
「行くぜーーー!!」と亮太が雄叫んであのイントロ。
でキラキラテープがパァ~ン!みたいなね。
思い出すだけで興奮が止まらないですよ、もう大好き!!
テンションに比例してうねうねしてくるボーカルも大好き!!(爆)


14.南風
このイントロ聴くたびに去年のZepp思い出します(笑)
君は探す~ぐらいまでで「ちょっと待って」って亮太くんが止めて
「俺、間違った?」と。間違ってないのに(笑)
そしたらオサが最初のちっちきちちちー(notこだま)のとこ叩いて
「みんなこれもう1回聴きたかったでしょ?」ってフォローして。
あの日に藤巻への恋心が…あ、もういいですね、この話は(笑)
この曲何が良かったかって、あの3人ですよ。
サビでみんな手を振るんだけど、1番のサビでオサが
スティックを上げて一生懸命振ってる!!(しかも満面の笑み)
藤巻も一生懸命振る。啓介さんも両手で振る。
そんなにやってほしいのか!!
CDJ同様最後のサビのとこで亮太が客席指差してくれて
きゃー!って思ってたら、啓介さん両手振ってる、みたいな(笑)
もー、愛しすぎます。あの3人。オサ本当可愛かったなー。
あいらびゅーって言って欲しかったなぁ。。


15.電話
あのイントロごとCD入ってるからどの曲かわかるだろうに
ドラムのとこでものすごい手拍子が・・・。
いや、電話ですよ?みなさん(笑)
さすがに曲入ったら手拍子は消えましたけど。
あーあんまり記憶がないですね。完全に堕ちてますね(笑)


16.粉雪
静かに、普通に始まるところがいいな、と思う。
次は粉雪です!みたいな演出が無くて。
あんだけ売れた曲だけど、浮くことなくすんなり入っていける。
そして、客席にも雪がちょっと降ってくるのがいいですねぇ。
たぶん本人達の上に降るようにしてるんだけど。
三郷で初めて見たときに「あ、雪だぁ」ってしてるお客さんを見て
また泣けたんですよ。今回もそれが見れて良かった。
最近はけっこう傍観者だったこの曲も、やっぱ名曲だと思いました。


17.3月9日
本編最後のこの曲。曲前に藤巻さんちょっと喋るんですけど。


「僕たちもすごく大切にしてる曲です。
 門出の、意味があります。3月9日聴いてください」



いいMCなんですけど。「門出の意味があります」って何?(爆)
そこがひっかかっちゃってちょっと相方と笑ってしまったんですが。
やっぱりこの曲の力はすごいな、と思う。
こんな若い人たちの、しかも3枚目のシングルって。
そんな気がしないんですよね、何か偉大で(笑)
こんなに本人もファンも特別に思う曲っていうのも珍しいし。
そんなことを思いながらじっくり聴きました。




アンコール。全員がツアーグッズのパーカー着て登場。
オサは端から端までのんびりお客さんと触れあってました。
啓介さんは「これってさ、ドラえもんぽくない?」と言って
ポッケに仕込んであったどら焼きをパクリ。
1回やってみたかったそうですよ(笑)


E1.No Border
この前のMCでも多少啓介さんの暴走発言があり(笑)
「(MCへの盛り上がりでは無く)音楽で一体になりましょう」
亮太くんがフォローして始まったこの曲。
今度は手拍子をしてほしいようです(笑)
僕にとって~のとこは音が静かになるから、何となく
みんな手拍子を自粛気味だったんですけど、
亮太さん自ら頑張って手拍子を・・・(笑)
最後のあ~あ~あ~ってものすごいキー高いとこは
断念して低い声で歌ってらっしゃいました。


E2.蜃気楼
「音楽で一体になりましたよね」ととても満足げな亮太くん。


り「MCのことなんか忘れましたよね?(笑)」
お「キレイさっぱりね」



可愛いです、必死のフォローです(笑)
たしかここでようやくあたしの好きなギターが登場、だった気が。
やっぱ似合うよ!このギターが一番似合うよ!!
この曲ライブバージョンを聴いていたので、
歌い方がちょっと違うだけですごい違和感。
1番の「埋めてしまいたイェー!」とかね。
「埋めてしまいたい、いぇー!」なだけで違和感(笑)
最後もてっきり「いぇー!」って言ってくれると思ってたら
ステージの前の方でギター弾いてるから、
思わず「いぇーって言えよ」と呟いてしまいました(笑)
でもかっこいい!ホントにかっこいいよ、この曲。


E3.太陽の下
アコギに持ち替えて、亮太くん最後のご挨拶。


「明日からも今日のような笑顔でいられるように、
 最後にこの曲を唄います。太陽の下、聴いてください」



・・・最後にやっとまともなMC来ましたね(爆)
しかし亮太くん、MCはいつも「ありがとう」とか
「ありがとうございました」っていい声で入ってくるので
ちょっと店員?みたいな(笑)
そしてこの曲でもサビは揺れるみたいです。
亮太くんと啓介さん、必死で揺れてました(笑)
大サビのとこでも亮太くん1人で歌いながら手振ってて、
その光景が愛しくって愛しくってしょうがなかったvv
この曲で終わるって良いよね、すごくあったかくなる。



チャイム(曲ですよ?)が流れる中、皆川さん含め手を繋いでお辞儀。
ゆっくり出てくるオサを早く来いよみたいな感じで待ってる
2人が非常に良かったです(笑)
みなさんパーカーあげちゃったりして帰って行かれました。
特にじんぐーじさん。あげすぎです(爆)
スティックもけっこう配ってたし、パーカーは
前の方にいた子供に着せてあげてました。
そして去り際、挨拶しようとマイクの前に立ったのに、
何故か黙っている治くん。言うこと考えてるのかと思いきや、
BGMの「当たりクジは舐めきった~」の後の一瞬の間に


「ありがとう」


と言って去っていきました。(しかもちょっといい声で)
最後の最後まで愛しいことしてくんじゃないよーお前ー!!


てなわけで、ロビーで興奮しながらアンケート書いて
(しかもけっこう痛い発言を・・・ごめんね亮太)
興奮しながら帰宅しました。
ホント、相方も来れて良かったー。2時間バンザイ(笑)
この愛しさは相方とじゃなきゃ分かち合えないのでね。

やっぱ好きです、彼らが。とてつもなく。
「彼らが」ですよ、あくまで。「彼が」ではなくて(笑)
演奏も好きだし、楽曲も好きだし、本人達も好きだし。
ポップな楽曲も好きだけど、やっぱライブ行くと
ロックな部分も大好きだって思ってしまいます。
アルバムはどんな風になるのかな?楽しみです。



では、以下史上最低のMC(爆)↓

スポンサーサイト
【 2006/03/31 】 音楽 レミオ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

マミ

Author:マミ
love:
LOST IN TIME
LUNKHEAD
MONOBRIGHT
SMAP
A.B.C-Z

特撮
Disney

and more!!

ありがとう
ブログ検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。